So-net無料ブログ作成
検索選択

赤いアモーレ [映画]

赤いアモーレ(六本木ヴァージン)
ペネロペ・クルス
セルジオ・カステリット

ペネロペクルスのズベタ振りが輝く作品。社会の下層でしぶとく生きる獣っぽさをうまく出している。

セルジオカステリットの歯止めの利かない突発変態エロ親父ぶりも見事。(最初の性交シーンがペネロペ殴ってレイプ。)プランターに向かってマンションベランダで放尿はするはスーツのままでチンボだけはめてスパーンスパーンと腰を振るわでこれでもかこれでもかという程のはめシーンオンパレード。
来世はペネロペクルスになりたいものだと、5分程考えてしまった。D嬢は「足腰に疲れがきた」との素晴らしいコメント。あまりにも濃厚な映画であった。
人として大事な何かが欠けてる二人がその欠落を埋めようとして刹那的な情事にふける。何度も繰り返される雨の情景が閉鎖的な二人の関係を暗示していく中、二人の過去の逢瀬の時間と現在の時間をいくつもいくつも積み重ねて描写していく。お互いの事しか見えなくなっていく妄執的な関係の表現が見事。自分も既婚者と世間一般的にはインモラルな快楽のみ追求型のセックスをする事が多いので、いろいろと過去の事がフラッシュバックした。だけど雨はいつか上がってお互いに別の時間を過ごす時が来るのだよ。
誰にでも秘密がある」の時にも思ったのだけど、今回も日本でのプロモーションに無理なこじつけがあるのでは?という感想を二人で持った。この映画の二人はお互いの孤独や傷を埋めようとしてお互いの体を求めた(もしくははめたかった)のであって、それは「愛」ではないと思うのだけど。弱者の相互依存に愛というラベルを当てはめるのは無理があると思う。
というか、単に個人的にそういう自分のエゴを美化する人間が嫌いなだけ。はめたいならはめたいと、寂しいなら寂しいといえる人間は悲しいけれど素敵だと思うけどね。

話はずれたけどラックスのCM経験者のキャサリンゼタジョーンズシカゴで宇宙一素敵なズベタ役を演じ、そしてペネロペもまた。という事でラックスのCMは将来のズベタ女優の登竜門ではないかと思われる。
アンハサウェイやナタリーポートマンもそのうちズベタ役が回ってくるという事なのか。


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 8

瑠璃子

毎日違う男と寝て解脱したのはアテクシです。
by 瑠璃子 (2005-01-09 01:50) 

ささみ

>瑠璃子様
片手で足りるわたくしは修行が足りないのでしょうか。
by ささみ (2005-01-09 02:29) 

瑠璃子

美貌を安売りしない甘夏センセは常に心の師ですたい。
by 瑠璃子 (2005-01-09 02:46) 

skullagohollywood

ラックス、いいところに目を着けました。
by skullagohollywood (2005-01-09 21:35) 

ささみ

女王瑠璃子様にそのようなお言葉を・・・もったいのうございます。
by ささみ (2005-01-10 01:11) 

たくぼん

>瑠璃子様
違う男と寝ている時点で解脱しておけばよかったと思いました。後悔先に勃たず。

>甘夏殿
あなたにはあなたのよさがあるのよ。

>8様
ラックスのすごいところは取り上げた女優が数年後に大体ブレイクする事だと思います。
アジエンスは既に安定している人を取り上げたところがにているようでちがうところかと
by たくぼん (2005-01-10 10:56) 

瑠璃子

ラックスって前はだめぽ女優のなれの果てみたいな感じデスタ。
ララ・フリン・ボイルの復活に期待。
by 瑠璃子 (2005-01-10 14:01) 

たくぼん

うぉーその御仁は知りませんでした>ララ@ツインピークス
by たくぼん (2005-01-10 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。