So-net無料ブログ作成
検索選択

一寸の虫にも五分の魂 [金]

さてさて、この間人材バンク経由である会社の面接を受けてきました。「今、何やってるのですか?」と問われたので「友人の会社でウェブサイトの更新とか制作のアルバイトをしています」と答えました。結構今は忙しいことも答えました。
「他に進んでいるお話はありますか?」と答えたので「ベンチャー系のITサービスの会社で紹介予定派遣の面接を受けた結果待ちと、いまアルバイトしている会社から個人事業主として長期で仕事をして欲しいという話を受けています。」と正直に答えました。正直だけが取り柄ですので。

さて、人材バンク経由で二次面接の話が来ました。候補日が1つだけで、これがダメなら来年になるという話でした。
その話をもらったとき、ちょうど制作の仕事が佳境に入っていたこともあり(携帯サイトを丸ごと内容差し替えになっていた)その日もきつきつになるのが目にみえてたので、「来年の年明けのここからここまでの間はいかがでしょうか?」と人材バンクに返事を返しました。
人材バンクから、「どうしても24日はダメか?」という返事をもらったので「これこれこういう事情でどうしても時間が作れないのでダメなのです。」と説明し、人材バンクの人ももっともだと言うことで話をしてもらった。筈ですが…
人材バンクからメール。
1.面接担当の取締役が多忙な人で時間がとれない。
2.今の仕事はアルバイトだから、本当に我が社に来たいのであればどうにかして時間を作るはずだ。
3.この日に面接しない場合には採用に影響することもあり得る。
と、先方の人事担当が言っている…とのこと。
1.は仕方ないかもしれないけど。2.3.で切れました。ほんとは切れるところではないのも分かっているけど、でも切れました。
派遣とか契約で仕事している事が長かったから、勤務形態で変に意識上の差をつけるような
企業ってあんまり好きになれないし、こっちの足下見るような会社にヘイコラ頭下げられるほど心広くねえんだよ。米つきバッタがほしけりゃ、他あたりな!(つーか今のバイトの方が全然金もいいし)
っつーことで、人材バンクに「そういうお話の進め方をされるようなら辞退させて頂いて結構です。」
と乙女っぽく柔らかくお返事しました。まぁちょっとその怒りを聴いてもらいたくて甘夏嬢に渋谷に来て頂いたわけですが。

さっき、また携帯に電話がかかってきました。
面接の予定日はあしただから今さら逆の返答してもまにあわんでしょうに。
甘夏の言うとおり人材バンク側で企業向けの返答にミスがあったか、年度末で営業が売り上げあげたいかの可能性もあるかな…
冬の寒空の下で堂々巡りの会話を繰り広げて、正式に辞退の旨を伝えました。
っつーか、何のためにお前がいるんだよ>人材バンク

と、まぁ自分でもびっくりする位強気に出ていたのですがこれもきっと仕事をしてお金がもらえるという生活の基本が一応出来ているからだと思います。長女よありがとう。今のバイトは忙しくて疲れることもあるけど、でも楽しいのは楽しいんだよね。節税も出来るし。
さぁ、あしたもがんばって稼ぎに行こう。


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

家を買う。ということ。 [金]

さて、女帝と元同居人のマンション探しに付き合うのが最近の週末の過ごし方となっている今日この頃。
いくつか感じたことをメモ書き的に。
1.大きな買い物ってその人の性格がよく見える。
この人はこんな事気にするんだとか、この人はここに気がつかないんだと言うことが面白いほど分かります。
2.世の中に100点満点の物件はない。
立地、周辺環境、建物の作り、付帯設備、内装、交通環境、値段。全部100点満点という物件はありません。
ここでもその人の価値観がわかるけどもっと困るのは自分が何が大事で何が大事でないかの取捨選択が出来ないのに付き合わされること。こういう人って、えんえんと物件ハシゴして結局どれにも決められないまま時間が過ぎていく。
3.無駄な経験ってないのね。
場末の連れ込み旅館から一流ホテルまで経験したおかげで、内装に関しては判断できるようになりました。
4.テレビでCMながしてるからっていいとは限らない。
某テレビでCMよくみる大手のマンションの内装を見て「これってうちのアパート?」と首をかしげること数回。D嬢も「全国展開しているあそこはどれも立地はいいのにどうして内装がいつも値段の割にお安いの?」と疑問符を投げかける。
逆に大手でも三井と野村はいい感じのところが多かった。
マンションの本体に比べると内装ってどうにでもなるという意見もあるとは思うけど、どうにでもなるんだったら真っ先に客の目につくところに金をかけないでどうする。内装は毎日目にするものだし。
100歩譲って、そんなに違わないもの使ってるんだとしたらセンスがないわけだから致命的だね。
5.私は多分買えない
もしかしたらまんまえにビルが出来るかもしれないけど、日当たりのいい部屋を見ていたとき。
賃貸だったら条件がまずくなったら住み替えできるのに」と。
家を買うのって住み替える自由と引き替えにするものだから自分には出来ないな。
子孫の出来ないSEXするということは財産残す人も将来いないわけだし。


あ、そうそう [金]

Kabu.comから松井証券にお引っ越しすることにしました。
理由:松井証券は2355までカバードワラントの売り買いが出来るので。
ほんとはKabu.comの方が好きなんだけど…なんどかメールを出してもワラントの取扱時間は変えられないようなの(涙)


今日の2分間総括 [金]

長女から今のバイト先に残留を頼まれました。
でも、待遇は長女と同じで個人事業主の請負という話でした。
請負だと源泉徴収してもらえませんが、経費を自由に申告できます。
年収は試算ベースで今の時給でも私の正社員転職相場を超えてます。
みんなに話したら残留を進められました。
とくにはるゑさん(持っているアパートを無理矢理数字上赤字にして給与所得と通算しタックスフリーにして税務署の人を泣かせた素敵なマダム)には「最低経費50%は基本よ!!」と1時間ほど節税のなんたるかを説教されました。

一年後、僕が金に魂を売って堕ちてしまっても僕を好いてくれますか>くまぞおさん


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

今週の気になるモノ(12/5) [金]

4755楽天、5201旭硝子、そして瑠璃子様のブログでマダムフネが話題になってる9101日本郵船。
旭硝子あした辺りあがったら買うかも。


リハビリ [金]

東京ときめきガールの原点に立ち返って、定期的に収入が入る身分に返り咲いたら、慎ましく生活して浮いたお金でワラント運用をやり直そうと思ったことだよ。
今は、自分の運用ルールの検証をしているところ。
短期ストキャティクスの%Kが%Dを抜いた時点で買って買値の5-7%上昇時に売るという単純ルール。
今週は日経平均268回コールで買い気配3.5円、ホンダ32回コールで買い気配1.78円が目標。


真夜中の「悪女」 [金]

真夜中に、中島みゆきの「悪女」が響き渡る。
長女より電話。
一緒に仕事をやっていてあまりにも勤務態度の悪い人が電話で「やめます」と一方的に通知していきなり会社をばっくれたとのこと。その話を30分ほどした後おもむろに来てくれないかとの相談。
取りあえず3ヶ月バイトして様子見でもいいし、その間に就職活動してもいいしとのこと。ちょうど失業手当の制限期間だしいいかなぁという旨返答したところ。
「いくら欲しい?」という質問。派遣時代の時給をいったところ即座に甘いと一喝。
「社会保険の適用対象じゃないんだからもっともらわないと!」とのことで、下手したら今の就職希望条件を遙かに上回る時給。取りあえず会社に掛け合ってみると長女。どうなるのやら。


レッツです。ゴーです。 [金]

29日と30日に仕事入れてもOKの旨登録制バイト業者のページで設定したら早速仕事がアサインされましたですよ。倉庫でお歳暮の仕分けとのこと。早速あしたいってみるですよ。
現場のリポートはまた明晩。


弱い者たちが夕暮れさらに弱い者をたたく [金]

【これまでのあらすじ】たくぼんはそろそろ落ち着きたいので地道な正社員の仕事を探そうと派遣の契約を更新しなかったことだよ。

こういう事情だと失業保険は3ヶ月間はもらえない。しかも、派遣会社がやめてから1ヶ月間は離職票を出さない決まりということでこのままだと蓄えがなくなってしまふ。しかしいつ面接が入るかわからんしいつ入社ということになるやもしれぬので長期のバイトは出来ませぬ。

ということで、社会勉強キャンペーン第1弾。
登録制アルバイトに登録してみましょう。

1社目。
出版系の登録会社。
就業システムを紙の書類と口頭で事務的に早口で説明される。
実際に働いた時間は紙のタイムシートに書いて総計時間計算して郵送で送れとのこと。今までの派遣会社ではWEBベースで入力するのになれてたので、ややめんどくさい物を感じる。
仕事の紹介は、メールでぽんぽん来るのでそこから選んで申し込む。給料は月2回口座振り込み。
基本的に古い派遣会社の運用システムをそのまま持ち込んだような感じ。登録日の指定をメールで頼まれたのに、返信しても返事が返ってこなくて電話したら向こうが出し忘れていたということもあって、仕事とってくる営業力に救われている部分が大きいのでは。これで仕事の内容がしょぼかったら厳しい物がある。
仕事の内容は内勤が多いので自分には向いているけど、説明スタッフの態度が偉そうに感じるのは気のせい?
「よわいものたちがゆーぐれーさらによわいものをたたくー」とBLUEHEARTSのTRAIN-TRAINが脳裏をよぎった。

2社目。
最近テレビで宣伝している携帯で応募できるのが売りの会社。
小さな事務所を訪れると、まず目に飛び込んだのが服装のモデル例のポスター。注意事項が事細かに書いてある。
ポスターの下には髪の毛のカラーチャートがかかれて仕事を回せる色の範囲が明確に示してあるなど、ここまでわかりやすくマニュアル化しているのに正直感心。
DVDでシステム説明するが、前半でシステム説明した後、後半ドラマ仕立てで復習させるなどプレゼンメソッドが思った以上に高度で、自分がどっかで社員で仕事するときにも見習わないと…とまたまた感心。
説明担当の人は素人ぽかったけど、こっちの質問に丁寧に答えてくれて好感度高し。
WEBで自分の空いている日を入力しておくとその日に合わせて仕事のオファーをくれるというところと、給料は原則事務所で日払い(1日分のタイムシートがそのまま給与の引換証になる)というのも予定が未定な自分にとっては好都合。仕事の内容は身体の空いてる若者向けの外での軽作業やキャンペーンスタッフみたいな物が多くてちょっと違うけど、もしこの会社がシステムそのままで営業が内勤の仕事をコンスタントにとってくるようになったら、かなり伸びるんじゃないかと思う。人の運用システムもきちんと細分化したマニュアル上で動いているようなので、現場のさじ加減で破綻するリスクも少なそうだし。
(※注:その後この会社は支店によって紹介業種が分かれており内勤の仕事を専門で提供する支店が存在することが判明)
ワラント出ているか調べようかな。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。